私の空を這いずる記

【日本史】零戦の日【今日は何の日?】

f:id:makosan1988:20190705210516j:plain

こんにちは。まこです。

 毎日蒸し暑いですね。皆さん、知らず知らずの脱水症状にはご注意くださいね。

 

さて、今日7月6日は『零戦の日』です。

 

 

零戦とは?

ミリオタでなくても歴史に詳しくなくても、多くの人が零戦の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

零戦とは、太平洋戦争時に活躍した戦闘機です。

昔の戦闘機=零戦、と連想する人も多そうですね。それだけ有名な戦闘機です。

 

零戦は正式名称を「零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)」と言います。

三菱が開発、1940年(昭和15年)に正式採用されました。

当時、日本の軍用機は採用した皇紀(日本独自の暦)の下二桁を使用する決まりがあり、1940年は皇紀2600年にあたります。そな下二桁から、「零式」と名付けられました。

零戦(ぜろせん)は愛称なのですね。

 

零戦の設計者は堀越二郎氏ら。

数年前にジブリにて映画化されたので、堀越氏の名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

零戦の性能

零戦は、当時としては画期的な性能を誇る戦闘機でした。

高い運動性能、長い飛行距離、軽量化とスピード、簡易な操縦性能。

 

正式名称からもお分かりいただけるかと思いますが、空母に搭載することを前提に作られた戦闘機です。

なので、視界良好、離着陸の性能も良好。小回りも効きます。

また、空中での格闘戦=ドッグファイトに備えて軽量化と旋回性能を高め、20㎜機銃と7.7㎜機銃を2挺ずつ装備し、高い攻撃力も兼ね備えていました。

 

飛行距離に至っては、当時の他国の戦闘機の平均航続距離の2倍以上をも誇りました。

 

堀越氏ら設計グループは「小回りが利いて飛行距離の長い戦闘機を開発してくれ」という海軍からの依頼を、最高に詰め込んだ機体となりました。

 

7月6日が「零戦の日」の理由

さてさて、何故本日7月6日が「零戦の日」とされているのでしょうか?

 

零戦が正式採用されたのは1940年。

試験飛行が始まったのは1939年(昭和14年)の7月6日でした。

よって、記念すべき7月6日が「零戦の日」とされたのです。

 

米英の戦闘機に対して優勢に戦い、敵国パイロットからも「ゼロファイター」と呼ばれた零戦。

大戦も後期になると対零戦の戦法の確率や敵国の新たな戦闘機の投入で劣勢に立たされてしまいましたが、終戦までずっと前線で活躍しました。

 

当時の日本の技術力のすいを極めた機体であった零戦。現代でもファンの多い零戦。

今一度技術者とパイロットを称えてみては如何でしょうか。

 

現存する機体

因みに、国内外でいくつか現存する機体が保存されています。

国内ですと、国立科学博物館や呉市海事歴史科学館等で見ることが出来るようです。

2017年の産経新聞の記事ですが、引用いたします。

https://www.sankei.com/premium/news/170906/prm1709060001-n1.html

 

 

それでは。

 

因みに、トップ画像の零戦のプラモは私が作ったものです。
キットを組み立てただけなんですねどね…(^〇^)

 

 

童友社 1/72 零戦五二丙型 第203海軍航空隊 塗装済み完成品 No.1

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村