私の空を這いずる記

ヨメレバの代わりとなる『カッテネ』が使いやすくて便利なので紹介させていただきます

f:id:makosan1988:20190429115031j:plain


こんにちは。まこです。

今回は、当ブログでの商品リンクを参考にさせていただいた製作者様と内容を紹介させていただきます。

 

ヨメレバが使いにくくなっていた

当ブログで読んだ本や使った&好きな商品等のリンクを貼る際、最初は多くのブログサイト様で見かける『ヨメレバ』や『カエレバ』を使おうと思っていたのですが、検索すると何やら仕様変更があったようで…

Amazonの画像が使えなくなってしまったそうです。

詳しい事はよく分かりませんが(^^;)、AmazonAPIに制限が設けられ、従来の様に運営するのが難しくなった為。Amazonからではなく楽天から画像を取得する方法に変更されたようです。

じゃぁ、楽天の画像メインで使えば良いじゃん?と思われるところですが、私Amazonユーザーですの…。
自分のオススメする商品リンクは自分が普段使ってる&実際使ったサイトの商品を紹介したいじゃないですか。

さて、どうするかなぁ…といろいろ検索している内に見つけたのが『カッテネ』です。

 

リンク作成に便利で使い方も簡単

『カッテネ』とは、『Web Food』様が作成された商品リンクです。

webfood.info

上記の記事の通り、分かりやすくて使い方も簡単ですので、CSSやHTML初心者でも抵抗なく自分のブログに設定出来ます。

 

当ブログはマネタマイズをメインとしていませんが、読書記録の記事を書く時、読んだ本のリンクを貼るのに大変重宝しています。

もし、『カッテネ』が無く、他に融通の利くリンク作成ツールが発見できなかった場合、イチから自分で作らなければならいと考えると大変ですよね。

無料提供して頂いて大変ありがてぇ…!m(_)m

 

アフィリエイターもそうでない方にもオススメのツールです。

 

『カッテネ』の使い方

本家様が記事内で説明してくださっているので必要ないかも知れませんが、念の為。

私ははてなブログを使っているので、はてなブログでの使い方(貼り方)をさらっと説明しますね。

 

CSS

先ずは、CSSをブログに設定します。

本家様で公開されているCSSファイルを開き、全てコピーします。念の為メモ帳やWord等に保存しておいた方が良いかも知れません。

コピーしたCSSコードを、
ダッシュボード」→「デザイン」→「カスタマイズ」→「デザインCSS」にペーストします。

保存してOK~。

 

HTML

次に、HTMLです。

公開されているコードをコピーして、メモ帳やWord等に保存しておきましょう。

HTMLコードは紹介したい商品のリンクを貼る為のコードですので、記事内のリンクを貼りたい場所にペーストします。
(※「編集見たまま」ではなく「HTML編集」でペーストしてくださいね)

 

【画像URL】は、リンク切れの起きにくいAmazonの画像リンクを使用する事をオススメされています。

【メインのURL】は、紹介したい商品の一番クリックしてほしいアフィリエイトのURL、または自身がよく使う&使ったサイトの商品のURLを入れます。

【商品のURL】は、自身の使っているアフィリエイトや好きなサイトのURLを貼ることができます。
ボタンは最大5つまで。好きな色のボタンにリンクを貼れます。
このそれぞれリンクを貼りたいサイトの商品URLをコピペしなければならない、というのが『カッテネ』のデメリットと言われていますが、作業に慣れてしまえば全く問題ありません。

尚、表示させる(紹介する)ボタンの数によって、コードを変更する必要もあります。

<div class="kattene__btns __five">

のfiveをボタンの数だけ書き換えます。2個ならtwo、とか。
この作業も慣れれば簡単です。

 

【タイトル】【説明】は、商品名とその説明文を自由に入力することが出来ます。
特に【説明】が自由に入力出来るのはありがたいですね。人に分かりやすい情報を自ら選んで載せることが出来るので。

 

リンクの見た目

さて、ここまで必要なコードや情報の入力が終わりました。
どんな見た目、雰囲気のリンクになったでしょうか。

f:id:makosan1988:20190429110203j:plain

PCからの見た目

f:id:makosan1988:20190429111142j:plain

スマートフォンからの見た目

 

シンプルですがボタンが大きくて見やすいですね(^〇^)

 

これからも長く使わせていただきたいと思います。

WebFood様、大変ありがとうございます~m(_)m

 

 それでは。