私の空を這いずる記

私がブログを始めようと思った訳

こんにちは。

つい最近寒くなってきたなぁと思ったら、あっという間にクリスマスが来ました。
時間が過ぎるのが本当早い…

こうやってお正月を迎え、気が付いたらお盆になっているのでしょうね。

 

さて、今日は何故私がブログを始めようと思ったかをお話しします。

ただの独り言です…m(_)m

 

 

ブログとのファーストコンタクト

そもそも、私が初めてブログというものに触れたのは、中学生の頃でした。15年以上前です。

当時はネット創成期といいますか、今の様なSNSサービスもありませんでしたし、自分で何かを発信するためには自分で作らないといけない時代でした(多分)。
ブログを作るか、ホームページを作るか…。
ネット上には、ホームページの作り方解説サイト様も多くあって、そこでHTMLを見よう見まねで組んで、友達と姉妹サイトなんて作ってそれなりに楽しんでホームページを作って運営してました。

ブログを利用し始めたのもその頃です。
この頃はただ、日記やホームページの更新情報を書いていました。

ホームページもブログも自分の好きな事を発表するためだけのツールで、収益化できる事なんて全く知りませんでしたし、その気もありませんでした。

その、ただ楽しんで覚えた知識とちょっとの技術が、大人になって会社のホームページとブログ作成に活きる事になるとは、意外や意外…笑

 

知識の無駄遣いは止めよう

私は現在、調剤薬局に勤めていますが、いつ作られたか分からない、古い懐かしい感じのホームページが存在していました。ただ、古過ぎて、そのホームページ作成者はとうに退職していて不明。引継ぎもしていなかった上に、みんなパソコンやネットに疎いときた。

去年の暮れ頃に、店長が若くて少し知識のある薬剤師の子にホームページのリニューアルを強制的に言いつけ、作業全て丸投げしました。
その子も仕事の合間にいろいろ調べてサーバーとドメイン取得までしてくれましたが、何やかんやあって退職したため、リニューアル計画は頓挫。
次に目を付けられたのが私です。

「オタクなんだからできるでしょ?」

何それ~。
私、オタクはオタクでも歴史オタクだから、正直パソコン関係は詳しくないんですけど。10年近く前の基礎的な知識しかないんですけど。

と言っても理解される事もなく。強制的に引き継ぐ事になりました。

前任者が借りたサイト作成ツールが、イチからHTMLを組まなくてもコンテンツをドラッグして当てはめていけばそれなりに作れるものだったので、大いに助かりました。ありがとう~。

そして、ホームページが形になって、公開した時。

「俺、ブログしたいって作ってもらったけど、飽きたから何とかして」

社長~。
前任者にブログまで作らせていたのでした…。そのブログを見ると3記事しか書いてない。飽きるの早過ぎない?

社長のブログを社員みんなのブログに変えて、ホームページと繋げました。

しかし、みんなブログとか書いた事もない(ブログは芸能人が書くものという認識だった)ので、誰も投稿しません。
暫く私が数人の社員のふり(許可済み)をして投稿してました。ゴーストライターかよ。

店長と新しく入社した薬剤師の子も投稿してくれるようになったので、ゴーストライターは止めましたが、今度は私の持つ様々な知識を投稿するよう要求されるようになりました。

スポーツの話に地元ネタ、歴史ネタや豆知識まで…。

最初こそ会社のある地元ネタの話に絡めて「是非お立ち寄りください」とか宣伝してましたが、どんどんどんどん知識を要求されるようになって、書いたら書いたで「またマニアックな事書いてんなwwww」と弄られて、腹立ってきたんですよね。

それに、ホームページ作成・更新も記事作成も通常の業務の合間にしている事で、他の事務員より仕事量が多くてもお給料変わらないし、寧ろ安い給料内で作らせてラッキーくらいにしか思われてないんですよね。

それなら、会社に知識(と技術)を無駄に提供するより、10代の頃みたいに自分で納得いく様に発信した方が何倍も良いんじゃなかろうか?

…と思い至ってこのブログを立ち上げた次第です。

 

終わりに

ここまで長い独り言(愚痴)を読んでくださりありがとうございます。

いままで会社のブログに提供してしまった最低限のネタを、もっと詳しく加筆修正したり、
ひっそり趣味の自己満足で書いていたネタを投稿していこうと思っています。

あと、読んだ本の感想とかも。

やっぱり書くなら楽しんで書きたいですよね~。

 

それでは。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村